MENU

カードローンの審査システムについて

カードローンの審査システム、どうなっているのか考えたことありますか?
ネットで申し込みをした後は、借りられるか借りられないかを待つだけではなく、心配を少しでも減らすためにも審査システムについて知っておきましょう。

 

カードローン審査を行う理由は、「貸さないために。」ではないのです。
申し込みをして借りられないと、審査はまるで自分をはじくために行われたように感じてしまいます。しかし自分が貸す立場に少し回ってみると、審査について納得できることばかりです。

 

一次審査をまずスコアリングによって行い、その後本審査へと進むシステムが今カードローンでは大多数を占めています。一次審査の段階で、可決なら利用可能額などの連絡を電話で入れる金融機関が多くなります。この電話での応対も審査担当者の心象に大きく影響することがあるのです。

 

極端にへりくだる必要はありませんが、横柄な返事をしたり、悪い態度で応対したりということはやめておきましょう。借りる側は必要なお金を手にした瞬間に、一仕事終わったような気になってしまいます。しかし、金融機関はその後続く返済のことまで見越しています。延滞などトラブルが起こった時の対処まで考えているわけです。

 

申し込み者の状況や、返済の意志を把握したいと考えて審査は行われています。
カードローンの審査は短時間で終わるものも多く、そのシステムは確立されているといってよいでしょう。具体的な基準は分からなくても、借りられる可能性が高まる方法というのはあるはずです。