MENU

カードローンの審査に落ちたらどうすればいい?

カードローンの審査に落ちてしまったら、どうすればよいのでしょう。

 

途方に暮れていても、解決にはなりません。審査通過率が高いほうの消費者金融でも、49%前後の方が可決になっています。ということは、半分以上の方が審査に落ちる状態を体験するというわけですね。

 

審査に落ちてしまった場合、別のカードローンに申し込むことを考えるでしょうか。
しかし、何社でも申し込みをしてもよいわけではありません。

 

複数申し込みは、借りにくくなる申し込みブラックの状態に陥りやすくなります。
目安は3社までにしておきましょう。申し込みから借入までの時間を短縮するために、同時申し込みする場合も同じように考えるとよいですね。

 

3社すべて落ちたら、申し込みの記録がなくなる半年間は待ってから、再申し込みする必要があります。信用情報機関に記録は残るため、各社情報は共有しています。「違うカードローンに申し込んだら大丈夫では?」と期待しないほうがよいでしょう。

 

また、審査に落ちた理由は申し込み者には分かりません。
聞いても教えてくれることはないので、自分で考える必要があります。

 

延滞履歴が否決の理由なら、これも記録がなくなるまで待たないといけません。
延滞履歴の記録は、5年間残るのです。長期になりますが、この間はどのカードローン審査に申し込んでも同じ結果になってしまうでしょう。

 

審査に落ち続けると、借りられるなら違法業者でもいいのでは?と思ってしまいます。
しかし安全でないカードローンは、借りられないどころかお金をだまし取られるなど被害に遭ってしまう可能性があるのです。